一般診療

はしか、みずぼうそう、
おたふくかぜなど、
感染症が疑われる場合には

院内感染防止のため、38℃以上の熱の場合や発疹など、感染症の可能性がある場合には、
専用の入口を正面玄関の右側にご用意しておりますので、ご利用ください。

感染症専用設備のご案内

こんな症状は、早めにご相談ください。

  • 発熱
  • せき、鼻水、鼻づまり
  • 呼吸時にゼーゼー、ヒーヒーする
  • 喉の痛み
  • ひきつけ
  • 腹痛、おう吐、下痢
  • 食欲が無い
  • おねしょ
  • 便秘
  • 発疹が出ている
  • 肌がカサカサしている
  • 泣き方がいつもと違う
  • なんとなく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 機嫌が悪い

小さなお子様はつらい症状を的確に伝えられません。ちょっとした不機嫌さや元気がない場合でも、病気が関わっていることも少なくありません。「何となく気になる」「いつもと違う」と思われることがあれば、受診ください。

お子さまの症状に応じて病院での治療が望ましいと考えられる際や、より専門性の高い科での治療が望ましいと考えられる場合は、迅速に適切な医療機関や専門医へご紹介いたします。

小児アレルギー疾患

お子さまのアレルギー疾患についても、診断・治療いたします。

子どもの代表的なアレルギー疾患

  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • 食物アレルギー
  • アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギーは長く治療を続けていく必要があるため、ご家族の方も含めて病気をしっかり理解し納得して治療することが大切です。そのため、症状や生活スタイルも含めた環境・状況を細かくお聞かせいただいた上で、ご相談しながらお一人お一人に合う治療方針を決めていきます。

問診票・熱型表の
ダウンロード

必要に応じて、問診票・熱型表をダウンロードし、記入してお持ちください。
問診票・熱型表を事前にご記入しお持ちいただくことで、よりスムーズな診療とより的確な判断に役立ちます。

※ご家庭にプリンタをお持ちでない場合は、クリニックに印刷物をご用意しております。

お困りのことや不安なこと
は、
医師・スタッフまで
ご相談ください。

医師の診察前にスタッフがお子様の症状や状況をお聞きします。ぐったりとしている、朦朧としているなど緊急性の高い場合だけでなく、病気以外のことでも心配なことがございましたら、医師・スタッフまでお気軽にご相談ください。